エンタメ

藤木直人、芸能界入りのきっかけを語る 「あのとき、勇気を出していなかったら…」

藤木直人、芸能界入りのきっかけを語る 「あのとき、勇気を出していなかったら…」 画像1

 WOWOW「連続ドラマW 黒鳥の湖」完成報告会が15日、東京都内で行われ、出演者の藤木直人、吉瀬美智子、三宅健、財前直見と岩田和行監督が登壇した。

 本作は、宇佐美まこと氏の同名ミステリー小説が原作。過去の過ちに罪悪感を抱きながら、娘が行方不明となり、事件に翻弄(ほんろう)されていく会社社長・財前彰太を藤木が、彰太の妻・由布子を吉瀬が演じた。

 本作のテーマ“因果応報”にちなみ「今につながる過去のエピソード」を尋ねられたキャストたち。

 藤木は「僕は双子なのですが、双子の兄に隠れているようなすごく内気な子どもだったんです。でも、こういう華やかなエンターテインメントの世界に憧れがあって、雑誌の読者モデルのオーディションに応募しようと思ったんです」と語った。

 当時、兄に相談したところ、「そんな恥ずかしいことをしたら兄弟の縁を切る」と言われ、一度は諦めたという藤木。

 「でもやっぱり飛び込んでみたいと思って、何年かたってから勇気を持って応募した。あのとき頑張っていなかったら、この場に立っていなかったなと思います。兄も途中からはすごく応援してくれるようになりました」と笑顔を見せた。

 吉瀬は、髪形をショートにしたことで、女優の仕事が急増したエピソードを披露。「それがきっかけでいろんな仕事をもらったと思うと、本当に髪形って大切だと思う。だからもう伸ばすに伸ばせないの。私のイメージが皆さんの中で、これになっちゃっているから」と苦笑した。

 「ロングにしたい願望はある?」と聞かれると、「もちろんあります。こういう感じとか」と、髪をかき上げるしぐさをして笑わせた。

 ドラマは、7月24日午後10時~配信スタート(全5話)。