エンタメ

黒澤明の名作「酔いどれ天使」を舞台化 桐谷健太「最高傑作になります」

黒澤明の名作「酔いどれ天使」を舞台化 桐谷健太「最高傑作になります」 画像1

 舞台「酔いどれ天使」制作発表記者会見が19日、東京都内で行われ、出演者の桐谷健太、高橋克典、佐々木希、高嶋政宏、田畑智子、篠田麻里子、脚本の蓬莱竜太氏、演出の三池崇史監督が登壇した。

 本作は、黒澤明監督と三船敏郎が初めてタッグを組み、1948年に公開された映画を舞台化。終戦直後を舞台に、闇市を支配する若いやくざ・松永と、酒好きで毒舌な貧乏医師・真田のぶつかり合いを描く。

 主人公の松永を演じる桐谷は「蓬莱さんの素晴らしい本と、鬼才と呼ばれる三池さんと、個性豊かで魅力的なキャストの皆さんとやれることを本当にうれしく思います。このメンバーなら最高傑作になります」と自信をのぞかせた。

 真田を演じる高橋は「何度も何度も、若いときから見ている黒澤作品の『酔いどれ天使』ですが、まさかやらせていただくとは思ってもいませんでした」と出演が決まったときの思いを明かした。

 さらに、普段のイメージとは違う無精ひげにぼさぼさ頭の本作のビジュアル写真について聞かれると、「どっちかというと、あの写真の方が(本来の自分に)近いんです。あと3年で還暦ですから」と苦笑い。

 高橋は「若いときは求められるのもあったので、二枚目の役を頂くと、寄せなければならなかった。僕は二枚目とはほど遠い人間なので。でも今は、汚い部分も情けない部分も隠さないで出していける。そうなってきたのがすごくいいなと思います」と語った。

 舞台は、9月3日~20日に都内・明治座、10月1日~11日に大阪・新歌舞伎座で上演。