エンタメ

松田龍平「年々、一目ぼれの頻度が増えている」 田中哲司、20代の役柄に「これはやばいぞ」

松田龍平「年々、一目ぼれの頻度が増えている」 田中哲司、20代の役柄に「これはやばいぞ」 画像1

 KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「近松心中物語」制作発表記者会見が20日、横浜市で行われ、出演者の田中哲司、松田龍平、笹本玲奈、石橋静河、演出の長塚圭史が登壇した。

 本作は、劇作家の秋元松代が、近松門左衛門の「冥土の飛脚」をベースに、他の作品の要素も加えて描いた物語を、同所の新芸術監督・長塚の演出で上演する。元禄の大坂を舞台に、遊廓・新町に咲いた境遇の違う二つの恋を描く。

 亀屋忠兵衛を演じる田中は「忠兵衛という役は本当にハードルの高い、心して挑まねばいけないと思う役。(役の)年齢も20代ということですが、僕、今、55歳なんで、これはやばいぞと感じました。でも、今日、キャストの皆さんと会って、心強いと感じました。圭史くんの芸術監督第1弾目なので、いい作品にしてお祝いしたいと思います」と語った。

 傘屋与兵衛役の松田は「長塚さんとは3回目ですが、そのうち1回は哲司さんとご一緒させてもらっていたので、今回、めちゃくちゃ心強いなと思いながら楽しみにしています。これから稽古を重ねて、少しずつ与兵衛の人柄が出てきたらいいなと思います」とあいさつした。

 また、忠兵衛と笹本が演じる遊女・梅川が一目ぼれで恋に落ちるという設定にちなんで、一目ぼれをしたエピソードを聞かれた松田は「年々、一目ぼれの頻度が増えているような気がします。若いときは、女性にしか一目ぼれしなかったけど、今は、おいしそうなご飯とか、道端に咲いているかわいい花とか、いろいろ見ちゃう。そういう意味ではいろいろな一目ぼれをするようになったなって思います」と明かした。

 舞台は、9月4日~20日、KAAT神奈川芸術劇場ほかで上演。

(左から)笹本玲奈、田中哲司、松田龍平、石橋静河