エンタメ

「ただリコ」“萌”萩原みのりの演技が「すご過ぎる」 「狂気の沙汰に引き込まれた…怖過ぎる」

「ただリコ」“萌”萩原みのりの演技が「すご過ぎる」 「狂気の沙汰に引き込まれた…怖過ぎる」 画像1

 Kis―My―Ft2の北山宏光が主演するドラマ「ただ離婚してないだけ」(テレビ東京系)の第3話が、21日に放送された。

 本作は、夫の不倫をきっかけに夫婦に巻き起こる戦慄(せんりつ)の展開を描いた不倫サスペンス。(※以下、ネタバレあり)

 フリーライターの柿野正隆(北山)の不倫相手・萌(萩原みのり)は、正隆の意思で子どもを堕胎。しかし、手術の日以来、正隆から連絡を無視され、不安を募らせていた。

 一方、小学校教師で、正隆の妻の柿野雪映(中村ゆり)もまた、正隆が銀行口座から引き出した金を何に使ったのか不審に思っていた。

 そんな折、萌は術後の不正出血を起こし、産婦人科に行く。そこで雪映と出くわし、不妊治療をしていることを聞かされる。

 放送終了後、SNS上には、「怖過ぎて寝られない」「苦し過ぎて言葉が出てこない」「悲惨さが強かった」といった感想が寄せられた。

 また、正隆から一方的に別れを告げられた上、正隆が雪映との夫婦関係を改善させていたことを知った萌が壊れていく姿も放送された。

 これを受けて、正隆について、「同情の余地なし」「こんなにも自業自得って言葉が似合う主人公はいない!」「自分がまいた種だけど、どうやって回収して再生していくのかな…」というコメントが集まった。

 一方、萌には「あまりにもかわいそう過ぎる」「萌ちゃんの気持ちも分からなくない」「幸せになってほしかった」と同情する投稿が集まった。

 さらに、「萩原みのりさんの演技がすご過ぎる」「ここまでのMVPは萩原みのりさん」「体当たりの演技…。狂気の沙汰に引き込まれた…怖過ぎる」と、その演技を絶賛する声が相次いだ。