エンタメ

「女の戦争」暴漢に立ち向かう古川雄大に「さすが王子」 犯人予想も加速「麗奈が怪しくなってきたけど…」

「女の戦争」暴漢に立ち向かう古川雄大に「さすが王子」 犯人予想も加速「麗奈が怪しくなってきたけど…」 画像1

 古川雄大が主演するドラマ「女の戦争~バチェラー殺人事件~」(テレビ東京系)の第4話が、24日に放送された。

 本作は、御曹司バチェラー・鳴戸哲也(古川)を巡って繰り広げられた女性たちのバトルと、その末にたどり着いたバチェラーの死を描いた愛憎サスペンス。(※以下、ネタバレあり)

 一香(尾碕真花)の裏の顔が暴かれ、複雑な空気が漂う中、麗奈(トリンドル玲奈)、理恵(北原里英)、りお(寺本莉緒)と哲也のテーマパーク内デートが始まった。

 それぞれが哲也に過激なアプローチを仕掛ける中、突如、謎の仮面男が現れ、りおに襲いかかる。

 哲也が暴漢に立ち向かい、殴られながらもりおを助けるシーンが放送されると、SNS上には、「カッコよかった!」「強い」「さすが王子」というコメントが集まった。

 また、物語のラストでは、麗奈が哲也と元婚約者の写真を手帳から取り出すシーンや、哲也が麗奈にされたキスを思い出しながら何かを考え込むシーンなどが映った。

 これにより、視聴者の犯人予想が加速。「麗奈ちゃんが元カノと同じ人物?」「若菜(葵わかな)ちゃんが怪しいと思っていたけど、やっぱり麗奈ちゃんかな?」「私の中では若菜ちゃん犯人が濃厚」「麗奈が怪しくなってきたけど、犯人は若菜かな?」などの投稿が寄せられた。