エンタメ

ダコタ・ジョンソン「多くの人が共感できるストーリー」 『Our Friend/アワー・フレンド』の場面写真が解禁に

ダコタ・ジョンソン「多くの人が共感できるストーリー」 『Our Friend/アワー・フレンド』の場面写真が解禁に 画像1

 10月15日(金)から全国公開される映画『Our Friend/アワー・フレンド』の場面写真と、舞台女優のニコルを演じたダコタ・ジョンソンのコメントが到着した。

 本作は、2015年に『Esquire』誌に掲載され、全米雑誌大賞を受賞したエッセーを映画化。

 2人の幼い娘を育てながら日々を送っていたジャーナリストのマット(ケイシー・アフレック)と、妻で舞台女優のニコル(ジョンソン)。だが、ある日、突然ニコルが末期がんを宣告され、生活が一変する。

 妻の介護と子育てによる負担がマットに重くのしかかる中、かつて2人に救われた親友のデイン(ジェイソン・シーゲル)が、一家を支えるためにやってくる。2年にも及ぶ闘病生活の中で、彼らが見つけた希望とは…。

 本作の舞台は、海岸に沿った自然豊かな米アラバマ州・フェアホープ。美しく小さな町で過ごすかけがえのない日々を切り取った場面写真が解禁された。

 子どもたちの弾ける笑顔から、マットとニコルとデインが、子どもたちに寄り添い、共に過ごした親密な時間をうかがい知ることができる。

 自身の体験をエッセーとして執筆し、映画化された原作者のマシュー・ティーグは、エッセーの執筆に際し、「あまりにも平凡で日常的なものになるのではないか」と案じたという。

 だが、ニコルを演じたジョンソンは、後に「(エッセーには)今までほかに見たことのない美しさと正直さがあって、勇気のあるストーリーだった。あそこまでの思いやりと勇気、そしてある決断…。この映画でのそれらの描かれ方はとても美しいと思った。登場人物、彼らの関係性。このストーリーは、多くの人が共感できるものだと感じたので出演を決めた」と語った。