エンタメ

「推しの王子様」“杏奈”白石聖の告白に「ドキドキした」 ディーン・フジオカ&渡邊圭祐のW壁ドンの予告に「大興奮」

「推しの王子様」“杏奈”白石聖の告白に「ドキドキした」 ディーン・フジオカ&渡邊圭祐のW壁ドンの予告に「大興奮」 画像1

 比嘉愛未が主演するドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系)の第4話が、5日に放送された。

 本作は、乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム)を手掛ける企業の社長・日高泉美(比嘉)が、ゲーム内に登場する“推しキャラクター”のケント様に外見がそっくりな航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てる物語。(※以下、ネタバレあり)

 泉美の会社「ペガサス・インク」が、新作ゲームに関する出資を受けられることになり、スタッフたちは試作品の制作に力が入る。

 その中で、芽衣(徳永えり)は、推しの2.5次元俳優・三上悠太(仲村宗悟)が出演するミュージカルを見に行くため、ものすごい勢いで仕事を片付けていた。

 ところが、三上がスクープされ熱愛が発覚。ミュージカルの全公演を見に行く予定だった芽衣は、悲しみで生気を失う。

 一方、泉美が勉強のために休日を利用して舞台やコンサートを見に行くと知った航は、泉美に同行する。泉美が絵画展に立ち寄ろうとすると、なぜか航の足が止まるが、実は、航は賞を取るほど絵が得意だったことが判明する。

 その後、「ペガサス・インク」で絵を描く仕事を担当することになった航は、初めての給料で2人分のケーキを購入し、泉美に差し出す。

 ラストシーンでは、航を食事に誘った幼なじみの杏奈(白石聖)が「航くんのことが好き」と航に思いをぶつける。突然の告白に航は動揺する…。

 放送終了後、SNS上には、「航が初任給でケーキを買ってきてくれるところが、かわい過ぎて爆死」「航くんがカッコいいし、いい子。絵を描く横顔が絵になり過ぎるんよ」「推しの熱愛発覚がしんどかった。『夢を見続けさせてほしかった』という言葉にめっちゃ共感した」などのコメントが投稿された。

 また、杏奈の告白や、泉美と航、光井(ディーン・フジオカ)、杏奈の4人の恋模様に注目が集まり、「杏奈ちゃんの告白にドキドキした。これから四角関係がどう展開していくのかが気になる」「次回予告で、ディーン様も航くんも、泉美に壁ドンをしていて大興奮。どういう展開になるの!?」「いろいろ切ないけれど、最後は泉美&航のハッピーエンドが見たい」などの反響が寄せられた。

主人公・泉美役の比嘉愛未 (C)フジテレビ