エンタメ

柳楽優弥と有村架純、三浦春馬さんの思い出を語る 有村「いろんな個性のある空気を全て調合して新しいものを作ってくれる方」

柳楽優弥と有村架純、三浦春馬さんの思い出を語る 有村「いろんな個性のある空気を全て調合して新しいものを作ってくれる方」 画像1

 映画『太陽の子』公開初日舞台あいさつが6日、東京都内で行われ、出演者の柳楽優弥、有村架純と黒崎博監督が登壇した。

 本作は、“日本の原爆開発”を背景に、時代に翻弄(ほんろう)されながらも、懸命に生きた若者たちの姿を描いた青春群像物語。

 若き科学者・石村修を柳楽、修の弟の裕之を昨年7月に亡くなった三浦春馬さん、兄弟がひそかに思いを寄せる幼なじみの朝倉世津を有村が演じた。

 約2年前に撮影された本作。撮影の思い出を尋ねられた柳楽は「川沿いを僕と春馬くんが一緒に走っているシーン」を挙げ、「春馬くんの体力がすごくタフで、僕がなかなか追いつけなかったというのが、(演じた)キャラクターとリンクしていて、すごく好きなシーンです」と懐かしそうに語った。

 2人の印象を聞かれた有村は「2人ともとってもすてきな役者さん。柳楽さんは周りを巻き込む力が強い方。自ら能動的に動いて…というよりも、そこにいるだけで、周りの人が吸い込まれていくような感覚がありました」と明かした。

 続けて、「春馬さんは、いろんな個性のある空気を全て調合して新しいものを作ってくれる方。きっとどんな場所に行っても、みんなが気持ちよく場が流れていく…。そういう空気を作れる役者さんだと感じました」と振り返った。

 最後のあいさつで黒崎監督は「ここに立って、正直に申しますと、足りないじゃないか、何で春馬くんがここにいないんだろうと、悔し過ぎる思いもあります」と吐露。

 それでも、「このスクリーンの中に一緒に走り切った姿は完全に残っていて、今でもこうして話していると、リアルタイムにお互いを感じることができる。最後は、生きて生きて、生き抜くしかないというストレートなメッセージが届けばこんなにうれしいことはない」と語った。