エンタメ

「プロミス・シンデレラ」岩田剛典“成吾”が二階堂ふみ“早梅”にアプローチ 「成吾様が尊い神回でした」

「プロミス・シンデレラ」岩田剛典“成吾”が二階堂ふみ“早梅”にアプローチ 「成吾様が尊い神回でした」 画像1

 二階堂ふみが主演するドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系)の第5話が、10日に放送された。

 本作は、夫から一方的に離婚を告げられ、無一文、無職、宿無しになった人生崖っぷちのアラサーバツイチ女子・桂木早梅(二階堂)が、金持ちでイケメンだが性格の悪い男子高校生・片岡壱成(眞栄田郷敦)に目を付けられ、金と人生を懸けた“リアル人生ゲーム”を繰り広げていくラブコメディー。(※以下、ネタバレあり)

 早梅は、ここ数日の壱成の態度に困惑していた。不機嫌な上に、自分をからかうようなことを突然言い出し、仕掛けてくるゲームもいい加減な内容だった。壱成の兄・成吾(岩田剛典)が副社長を務める旅館は、壱成の話題で持ちきりになる。

 そんな中、早梅は成吾から食事に誘われる。早梅は壱成に内緒で出かけるが、察しのいい壱成は何かあると感じて2人を尾行する。

 早梅と成吾がレストランに入って行く姿を目撃した壱成は、道中でバッタリ会った旅館スタッフの黒瀬(金子ノブアキ)と共に、早梅たちのテーブルの近くで監視することにするが…。

 放送終了後、SNS上には、「成吾様が尊い神回でした」「こんな初恋のエピソード見たら、兄派になってしまう」といった声のほか、「ここにきて私の中の岩ちゃんが急上昇中」「10年前の成吾様かっこ良過ぎて軽率にほれる」などの反響が集まった。  

 また、壱成がレストランで早梅と成吾を監視するシーンなどには、「ゴードンの切ない表情キュンとする…」「壱成のこじらせ具合が面白い 」「壱成の嫉妬がかわいい!」といったコメントも寄せられた。

「プロミス・シンデレラ」第5話のワンシーン(C)TBS