エンタメ

沢口靖子、劇場版『科捜研の女』は「自信作です」 内藤剛志「土門とマリコは兄妹以上、親戚未満」

沢口靖子、劇場版『科捜研の女』は「自信作です」 内藤剛志「土門とマリコは兄妹以上、親戚未満」 画像1

 映画『科捜研の女 -劇場版-』完成報告イベントが11日、東京都内で行われ、出演者の沢口靖子、内藤剛志、若村麻由美、風間トオルほかが登壇した。

 本作は、20年以上にわたって親しまれてきたテレビ朝日の人気ドラマ「科捜研の女」の初の劇場版。榊マリコ(沢口)をはじめとする“科捜研”のスペシャリストたちが、世界同時多発不審死事件に挑む。

 沢口は「たくさんのファンの皆さまに支えていただき、劇場版がついに完成しました。自信作です。早く皆さまに見ていただきたい気持ちです」とあいさつした。

 マリコとバディを組む京都府警の土門刑事を演じる内藤は、“2人の関係”について尋ねられると「皆さんは多分、恋愛につながるのでないかと楽しみにご覧になっているのだと思いますが、僕たちの間ではその話はあまりしないんです」と告白。

 「あえて言うなら、血のつながらない親戚、もしくは兄妹以上、親戚未満。要するにそこに恋愛感情がない関係。同志だと思っています」と明かした。

 また、本作でマリコと敵対する天才科学者・加賀野を演じた佐々木蔵之介からのメッセージVTRが上映された。

 佐々木は「沢口さんとは現場であまりお話することがなかった。どうも僕が怖かったらしくて。本当に申し訳ない」と苦笑交じりに謝罪した。

 真相を尋ねられた沢口は「普段は京都弁でざっくばらんに話す面白い方なんですが、役に入るとガラッと変わりまして、『ウワ~!』と飲み込まれそうになりました。(距離は)離れていましたね」と笑顔でこれを認めた。

 内藤も「蔵之介は逸脱した科学者を演じるのが本当にうまかった。やっぱりすごい役者っているんですね」と認めつつ、「だからこそつぶしていこうと思います」と笑わせた。

 映画は9月3日から公開。