エンタメ

永野芽郁、コロナから復帰後、イベントに初登場 高田純次「芽郁ちゃんはパーフェクト」

永野芽郁、コロナから復帰後、イベントに初登場 高田純次「芽郁ちゃんはパーフェクト」 画像1

 「コンタクトのアイシティ 『eyecity市』 新CM発表会」が12日、東京都内で行われ、永野芽郁と高田純次が登壇した。

 新型コロナウイルスに感染し、療養していた永野。今月5日、自身のインスタグラムで仕事復帰を報告したが、マスコミ向けのイベントへの登場は、この日が初となった。

 新CMには、永野が「eyecity市」の市民、高田が「eyecity市」の新市長として出演。初共演の2人だが、撮影は別日に行われたため、本イベントが初対面となった。

 高田の第一印象を聞かれた永野は「大先輩なので、来るまでソワソワしてたのですが、初めてお会いしたときから、ものすごくスマートでダンディーで格好いい。さっきも『小判が入っているよ』ってプレゼントをくださったので、後で開けるのが楽しみです」と笑顔で話した。

 一方、高田は「今をときめく女性にお会いできて非常にうれしい限り。きれいだしね。よくグラフィックや映像では非常にきれいだけど、本人を見たらガタガタって場合があるけど、芽郁ちゃんはパーフェクト。これから、夢も希望もあふれていていいなと思います」と褒めちぎった。

 また、永野から高田に質問する一問一答コーナーも実施された。「今一番欲しいもの」を聞かれた高田は「私はあと生きても30年ぐらい。できれば不老不死の薬が欲しい。それがあったら何でも挑戦できる。この年でスケボーかなんかをやろうかな」と冗談を交えながら答えた。

 続けて、「芸能界で長く過ごしてきた秘訣(ひけつ)」を尋ねられると、「芽郁ちゃんは21歳で若いから、したいことは何でもやればいい。あとは、やっぱり関係者に季節ごとにお中元やお歳暮を贈ること。それだけやっとけば大丈夫」と“適当回答”。これを聞いた永野は声を上げて笑った。