エンタメ

中村勘九郎、コロナ禍での巡業に 「心の栄養になればいいなと思います」

中村勘九郎、コロナ禍での巡業に 「心の栄養になればいいなと思います」 画像1

 「錦秋特別公演2021」合同取材会が18日、オンラインで開催され、出演する中村勘九郎と中村七之助が取材に応じた。

 本作は、勘九郎と七之助を中心に、中村屋一門が毎年行う全国巡業公演。20年は新型コロナウイルスの影響を受けて予定していた公演が中止となったものの、21年3月~4月には「春暁」として開催。今回の巡業では、20年に中止となった会場を含めて全国15カ所で開催する。

 勘九郎は「2005年から毎年のように行っておりますが、歌舞伎を見たことがないという方が本当に多いので、新規で見てくださる方も増やしていきたい」と公演への思いを語った。

 また、勘九郎は、コロナ禍での開催について、「こういう状況なので、少しでも現実を忘れて、非現実の歌舞伎の世界に飛び込んでいただけたらうれしい。心の栄養になればいいなと思います。大雨の被害に遭われている方々がたくさんいらっしゃる土地にも伺いますが、演劇、歌舞伎によって少しでも癒やすことができれば」と語った。

 今回の公演では、「浦島」「甦 大宝春日龍神」に加え、来場者からの質問に答えるトークコーナーも実施する。

 勘九郎は「3、4年前までは『七之助さんはいつ結婚するんですか』って質問が多かったけど、2年前からはパタッとなくなった」と明かした。

 七之助はこの状況を「メディアで『しない』と言っているから、何を言っても無駄だと思われているんでしょうね」と分析。

 さらに「結婚願望はなくなっていますが、聞いた知識では、出会いとかタイミングとか(らしいので)、分からないですよ」と笑った。

 公演は10月5日~24日、都内・品川 きゅりあん 大ホールほか全国15カ所で開催。