エンタメ

戸塚祥太、内博貴を“特等席”で堪能 「やっぱり圧倒的な主役感がある」

戸塚祥太、内博貴を“特等席”で堪能 「やっぱり圧倒的な主役感がある」 画像1

 舞台「フォーティンブラス」の取材会が19日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、内博貴、能條愛未、矢島舞美ほかが出席した。

 本作は、シェークスピアの『ハムレット』の物語の中で、2回だけしか登場しない脇役“フォーティンブラス”にスポットライトを当てた物語。

 主演の戸塚は「稽古を乗り越えてこられたのも、小さな奇跡の連続。このような時期に何かを信じて足を運んでくださるお客さまのため、最後の最後までこのチームで小さな奇跡を起こしていけたらと思います」と意気込みを語った。

 また、戸塚と内はどちらもジャニーズ事務所所属で年齢も一緒だが、外部の舞台で共演するのは初めてだという。

 内が「昔から『いつか一緒にやりたいね』と話していた」と明かすと、戸塚も「なかなかその機会がなくて、1回あればラッキーぐらいに思っていたら、まさに今回その機会を頂けた」と喜びを語った。

 さらに、戸塚は「今回は同じ板の上。(役者の)スイッチが入る内を“一番の特等席”で見られるんです」とうれしそうに語り、「やっぱり内って圧倒的な主役感があるんですよ」と絶賛。

 これには内も「やめろ。やめてくれ。やりづらくなる。(舞台が)終わってからにしてくれ」と慌てた様子で笑いを誘った。

 また、14日に亡くなったジャニーズ事務所の名誉会長・藤島メリー泰子さんの話題も。

 戸塚は「自分が間違ったことをしたときは、本当に愛のあるお叱りをしてくださった。まだJr.で先輩のバックで踊っていたときに、『あの子、いいよ』と褒めてくれたこともあって、すごく勇気づけられました」と思い出を語った。

 内も「よく食事に連れて行ってもらいました。僕は大阪の人間なんですが、本当に東京のお母さん…そういう存在でした」としみじみ語った。

 舞台は、19日~29日、都内、Bunkamuraシアターコクーンで上演。