エンタメ

千葉真一さん、新型コロナウイルスによる肺炎のため死去 アクション俳優として活躍

 アクション俳優として国際的に活躍した千葉真一(ちば・しんいち、本名前田禎穂=まえだ・さだほ)さんが、19日午後5時26分、新型コロナウイルスによる肺炎のため千葉県内の病院で死去した。82歳。福岡市出身。

 所属事務所によると千葉さんは8日から入院し、ワクチンは接種していなかった。葬儀・告別式は近親者で行う。

 千葉さんは、1959年「東映ニューフェイス」に合格。68年のテレビドラマ「キイハンター」でアクション俳優として人気を獲得。

 その後もドラマ「服部半蔵 影の軍団」、映画『柳生一族の陰謀』『戦国自衛隊』『魔界転生』などに出演し、ダイナミックなアクション演技を披露した。

 海外でも「サニー・チバ」として人気を博し、クエンティン・タランティーノ監督の『キル・ビル』にも出演した。

 また、アクション俳優やスタントマンの育成にも尽力し、70年にジャパンアクションクラブ(JAC)を創設。志穂美悦子、真田広之らを輩出した。

 17年に死去した女優の野際陽子は元妻。娘の真瀬樹里も女優。再婚後に生まれた息子の新田真剣佑、眞栄田郷敦も俳優として活躍している。