エンタメ

笑福亭仁鶴さん死去 上方落語の重鎮、タレントとしても活躍

 上方落語の重鎮で、テレビの司会でも活躍した笑福亭仁鶴(本名・岡本武士=おかもと・たけし)さんが17日、骨髄異形成症候群のため大阪府内の自宅で死去した。84歳。大阪市出身。特別顧問を務める吉本興業が20日、明らかにした。葬儀は親族で行われた。お別れの会は未定。

 仁鶴さんは、落語家として高座に上がる一方、タレントとしても積極的に活動。劇場からテレビ、ラジオ、CMなど、さまざまな媒体で多彩な才能を発揮した。

 1969年から放送された「ヤングおー!おー!」(毎日放送、現MBS)や、86年から放送された「バラエティー生活笑百科」(NHK)では司会を務めた。