エンタメ

「TOKYO MER」“喜多見”鈴木亮平を“音羽”賀来賢人が救出 「危機からの逆転劇が最高過ぎる」

「TOKYO MER」“喜多見”鈴木亮平を“音羽”賀来賢人が救出 「危機からの逆転劇が最高過ぎる」 画像1

 鈴木亮平が主演するドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)の第8話が、22日に放送された。

 本作は、人命を救うため、重大事故・災害・事件の危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく救命救急チーム“TOKYO MER”の奮闘を描く。(※以下、ネタバレあり)

 ある病院で、停電により全ての医療機器が停止し、多くの患者が死に直面する事態となる。

 喜多見(鈴木)らMERメンバーは出動するが、ドクターで厚生労働省医系技官の音羽(賀来賢人)は、喜多見の“空白の1年”の秘密を知ってしまい、激しく反発。「そんな人に命を預けることはできない、命令には従わない」と宣言し、MERメンバーの信頼関係は崩壊する。

 そんな中、喜多見は患者を救うため、単独で屋外の発電機の復旧に向かうが、その際、無線でMERメンバーに、海外で傷を負ったテロリストをかくまい、逃がした罪で逮捕され、投獄されていたことを告白する。

 その後、喜多見は非常用電源を復旧させるが、感電して心停止の状態に陥る。

 放送終了後、SNS上には、「今回もめちゃくちゃ感動した。やっぱり喜多見先生と音羽先生が好き」「展開が衝撃過ぎた。危機からの逆転劇が最高過ぎる。本当に大当たりドラマだ」「毎回が最終回ってぐらいの見応えで号泣。パワーをもらった」などの感想が投稿された。

 また、「戻って来い!」と叫びながら喜多見の蘇生を試みる音羽について、「音羽先生、喜多見チーフの過去を知っても助けてくれて、諦めないでくれてありがとう」「仲間の絆を感じて胸熱。仲間をかばう音羽先生はめちゃくちゃカッコいいよ」「今週は音羽先生の史上最強のスーパーツンデレ回だ」などの反響が寄せられた。