エンタメ

「ナイト・ドクター」“成瀬”田中圭の葛藤に反響 “深澤”岸優太の成長に「感慨深い」の声も

「ナイト・ドクター」“成瀬”田中圭の葛藤に反響 “深澤”岸優太の成長に「感慨深い」の声も 画像1

 波瑠が主演するドラマ「ナイト・ドクター」(フジテレビ系)の第8話が、23日に放送された。

 本作は、夜間救急専門の医師「ナイト・ドクター」たちにスポットを当てた医療ドラマ。知られざる夜の病院の実態と、そこで奮闘する5人の医師たちの姿を描く。(※以下、ネタバレあり)

 朝倉美月(波瑠)は、成瀬暁人(田中圭)が、後輩の里中悟(古舘佑太郎)から脳外科に移るよう誘われている姿を見てしまう。美月が話を聞くと、成瀬は脳外科の高梨英樹部長(益岡徹)からも脳外科医を目指すよう勧められていると明かした。

 だが、成瀬は、自分のことをナイト・ドクターとして受け入れてくれた八雲徳人院長(小野武彦)や本郷亨(沢村一樹)に恩を感じ、決めかねているという。

 その後、高岡幸保(岡崎紗絵)と一緒に深澤新(岸優太)の部屋を訪れた美月は、成瀬の葛藤を明かす。すると、幸保は成瀬が脳外科に移ることを危惧し、ナイト・ドクター制度存続の危機だと騒ぎ出す。そんな中、くも膜下出血の患者が運び込まれてきた。

 放送終了後、SNS上には、「成瀬先生のナイトドクターとしての葛藤に心揺さぶられた」「素晴らしかった、成瀬先生最高だった」「田中圭さんの演技力がすご過ぎる」といった感想が多数集まった。

 また、第1話では急病人の治療に手間取っていた深澤が、自ら患者を受け入れ、素早く対処するシーンが放送されると、「指示じゃなく自分で動いている深澤先生。成長しててカッコいい」「ヘタレだった深澤が地道に力をつけてくるのも感慨深い」という声も寄せられた。