エンタメ

「ハコヅメ」“川合”永野芽郁が「確実に成長している」 「“藤”戸田恵梨香の後輩を思う気持ちが好き」

「ハコヅメ」“川合”永野芽郁が「確実に成長している」 「“藤”戸田恵梨香の後輩を思う気持ちが好き」 画像1

 戸田恵梨香と永野芽郁がW主演するドラマ「ハコヅメ~たたかう! 交番女子~」(日本テレビ系)の第6話が、25日に放送された。

 本作は、ワケあり元エース刑事の藤聖子(戸田)と、新人警察官・川合麻依(永野)の交番勤務コンビが奮闘する姿を描く。(※以下、ネタバレあり)

 猛暑の中、休む間もなく働く藤と川合。刑事課の源(三浦翔平)と山田(山田裕貴)も不眠不休で飛び回り、署員の疲労はピークに。

 そこにタイミング悪く副署長の吉野(千原せいじ)の命令で、全員参加のメンタルヘルス研修の招集が掛かる。ストレスを解消するためのメンタルケアは、なぜかストレスフルに幕を開けた。

 翌日、神社にチェーンソーを持った男が出没したという通報が入り、対応する藤と川合。そこに源と山田も合流し、チェーンソー男の制圧ミッションが始まる。

 忙しく公務に励む中、交番の仕事にも慣れ、尊敬する藤ともペアらしくなってきたことに自信を感じてきた川合。そんなある日、藤と川合は交通事故の通報を受けて現場へ向かう。事故が大事に至らなかったことにほっとする川合だが、藤は赤ん坊が路上に投げ出されていることに気付く。赤ん坊の遺体を見てショックを受けた川合に、さらなる試練がのしかかる。

 放送終了後、SNS上には、「今、一番好きなドラマ。お巡りさんとして確実に成長している川合がかわいい」「永野芽郁、戸田恵梨香、三浦翔平、山田裕貴の4人のやり取りが面白過ぎる。役者さんってすごい」「相変わらずギャグとラブとシリアスがジェットコースターだった。笑って泣いた」などのコメントが寄せられた。

 また、川合を心配した交番所長の伊賀崎(ムロツヨシ)が強い怒りを見せたり、藤が涙を流す場面にも反響が集まり、「伊賀崎さんの真剣な怒りと、藤さんの川合を思う涙に心を打たれた」「戸田さんの後輩を思う優しい気持ちがカッコ良くて好き。泣いている藤を見えないようにさりげなく立つ源もイケメン過ぎた」などの感想が投稿された。

交通課・宮原役の駿河太郎と川合役の永野芽郁 (C)日本テレビ