エンタメ

「♯家族募集します」“俊平”重岡大毅の熱い演技に反響 「“みどり”山本美月の最後の肉声に泣いた」

「♯家族募集します」“俊平”重岡大毅の熱い演技に反響 「“みどり”山本美月の最後の肉声に泣いた」 画像1

 重岡大毅(ジャニーズWEST)が主演するドラマ「♯家族募集します」(TBS系)の第5話が、27日に放送された。

 本作は、シングルファーザーになったばかりの主人公・赤城俊平(重岡)ら、男女4人と子ども3人が、一つ屋根の下で子育てをし、共に暮らしていく姿を描くホームドラマ。(※以下、ネタバレあり)

 俊平たちが共同生活をする「にじや」に、「この家の家族にしてください」と突然1人でやってきた黒崎(橋本じゅん)の娘・いつき(板垣樹)。家出には何か理由があるはず、と察した俊平は「一晩だけいつきを預かりたい」と黒崎に直談判しにいく。

 一方、「にじや」に住み込みで働く蒼介(仲野太賀)は、「にじや」を盛り上げるため、1日限りのお祭り「にじやフェス」を企画。黒崎親子の複雑な事情を知った俊平は、「にじやフェス」で黒崎親子の仲を取り持つための秘策を思いつく。

 そして当日、「にじや」で暮らす礼(木村文乃)やめいく(岸井ゆきの)親子も総動員で参加し、「にじやフェス」は大盛況となる。

 放送終了後、SNS上には、「重岡くんの熱い演技がグッときた。やっぱりコミュニケーションは大事だな」「黒崎さんが娘さんを見て柔らかく笑っている顔を見て泣けた。親子の距離が縮まってよかった」「大きな家族の愛の形を見られてホッコリ。すてきなドラマ」などのコメントが寄せられた。

 また、俊平が海外出張時に亡くなった妻・みどり(山本美月)のトランクを開き、ボイスレコーダーに吹き込まれたみどりの肉声を聞く場面には、「おえおえ泣いてしまった。大毅くんの涙、無理」「今週も号泣。意を決してスーツケースを開いた俊平パパに涙」「3カ月ぶりに聞く妻の最後の肉声…泣」「亡くなった妻の荷物、彼女の声、こんなの耐えられないよ」などの感想が投稿された。

黒崎役の橋本じゅん(左)と俊平役の重岡大毅 (C)TBS