エンタメ

「ボクの殺意が恋をした」中川大志“柊”と藤木直人“丈一郎”のWアクションシーンに「まさに神回」 「息の合ったアクションシーン、カッコよかった」

「ボクの殺意が恋をした」中川大志“柊”と藤木直人“丈一郎”のWアクションシーンに「まさに神回」 「息の合ったアクションシーン、カッコよかった」 画像1

 中川大志が主演するドラマ「ボクの殺意が恋をした」(日本テレビ系)の第8話が、29日に放送された。

 本作は、“最高に間が悪い殺し屋”の男虎柊(おのとら・しゅう=中川)が、暗殺ターゲットの人気漫画家・鳴宮美月(葉山葵=新木優子)に恋をしてしまうという、殺意と恋が入り混じったスリリングなラブコメディー。(※以下、ネタバレあり)

 柊をかばって撃たれた葵は、危険な状態が続いていた。柊は育ての親で伝説の殺し屋の丈一郎(藤木直人)と再会し、これまでの経緯を聞く。

 一方、警察の殺し屋組織「SOS」の責任者である詩織(水野美紀)は、葵の兄・武尊(小池徹平)が持っていたデータを探していた。

 そんな中、鳴宮美月が銃撃されたというニュースが流れる。美月の仕事部屋に警察が立ち入り、そのデータが隠されている万年筆を押収する。

 だが、それは万年筆を手に入れるために詩織が仕組んだことだった。柊は丈一郎と共に葵を守る作戦を開始。その頃、詩織は、柊たちを始末しようとわなを張っていた。

 放送終了後、SNS上には、「アクション、スーツ、白衣、もういろいろ見られたし、まさに神回」「丈さんと柊くんのスーツ姿、アクション、カッコよかった」「息の合ったアクションシーン、カッコよかった」など、中川と藤木のアクションシーンに反響が集まった。

 また、デスプリンス(鈴木伸之)が病院で恒例の舞とコミカルな走り方を披露したシーンに、「病院内で舞うのヤメレ」「目立ち過ぎるから病院内で踊らないで」「あの走り方は演出?」など突っ込みを入れて盛り上がった。

「ボクの殺意が恋をした」第8話(C)ytv