エンタメ

「TOKYO MER」“千住”要潤の命を懸けた救出劇 「千住隊長と喜多見チーフのバディ感に胸熱」

「TOKYO MER」“千住”要潤の命を懸けた救出劇 「千住隊長と喜多見チーフのバディ感に胸熱」 画像1

 鈴木亮平が主演するドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)の第9話が、29日に放送された。

 本作は、人命を救うため、重大事故・災害・事件の危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく救命救急チーム“TOKYO MER”の奮闘を描く。(※以下、ネタバレあり)

 外国大使館で二酸化炭素中毒事故が発生。出動したMERに「大使館内は各国の領土であり、許可なく立ち入れない」という法律の壁が立ちふさがる。

 そんな中、東京都知事の赤塚梓(石田ゆり子)が持病で倒れる。指揮官不在の中、救助に向かったMERチーフドクターの喜多見幸太(鈴木)とレスキューの千住幹生(要潤)が患者と共に地下駐車場に閉じ込めらてしまう。

 時間がたつにつれ、酸素は薄れ、患者の容体は悪化。絶体絶命のピンチに、喜多見と千住は命を救うため、危険な賭けに挑む。

 放送終了後、SNS上には、「第9話も感動した。毎回最高過ぎて神回。永久に終わらないでほしい」「涼香ちゃん(佐藤栞里)と音羽先生(賀来賢人)のやりとりにキュンとした」「赤塚知事の余命はつらい…。危機管理対策室の駒場さん(橋本さとし)との信頼関係にはグッときた」などの感想が投稿された。

 また、心肺停止の危機に陥りながらも、喜多見と共に患者を救った千住の活躍にも反響が集まり、「千住隊長と喜多見チーフのバディ感に胸熱。本当にカッコよかった」「千住隊長が大好き。喜多見先生との決意のグータッチのシーンは震えた」「千住隊長と喜多見先生の命を懸けた救出劇にしびれた。千住隊長、助かってよかった!」などのコメントが寄せられた。

第9話のワンシーン (C)TBS