エンタメ

フジ・月10ドラマ「アバランチ」の放送が決定 綾野剛が謎に包まれた“アウトロー集団”のメンバーに

フジ・月10ドラマ「アバランチ」の放送が決定 綾野剛が謎に包まれた“アウトロー集団”のメンバーに 画像1

 10月から新たにカンテレ・フジテレビ系で月曜夜10時の連続ドラマ枠(カンテレ制作)がスタートし、その第1作として、綾野剛が主演する「アバランチ」(10月18日スタート/初回15分拡大)の放送が決定した。

 綾野にとっては7年ぶりのフジ系連ドラ主演。自身が主演した映画『ヤクザと家族 The Family』や日本アカデミー賞で3部門を制した映画『新聞記者』を手掛けた映画監督、藤井道人氏がチーフ監督として参加し、綾野とのタッグが再び実現する。

 本作は、政治家、官僚、大企業といった富と権力を持った“強者”だけではなく、一般市民においてもモラルハザードが叫ばれて久しい令和の日本を舞台に、謎に包まれた集団・アバランチの、過激かつ痛快な活躍を描き、令和の日本で暮らす人々の正義感に訴えかける“劇場型ピカレスクエンターテインメント”。

 綾野が演じるのは、アバランチのメンバー・羽生誠一。羽生はどんな経歴や特徴を持った人物なのか。常識外れのアウトロー集団・アバランチ(Avalanche=雪崩)は、何の目的で活動している組織なのか。羽生の他に何人が所属しているのか、どんなメンバーがいるのか…。

 情報解禁に際して、アバランチによるプロパガンダチラシをイメージして制作された、特徴的なマスクで顔を覆った羽生や、アバランチのシンボルマークで構成されたインパクトの強いビジュアル、さらに「われわれはアバランチ。月曜10時に全ての声明が込められている。10月18日、目撃せよ」といった声明文動画も公開された。