エンタメ

「ボクの殺意が恋をした」 鈴木伸之“デスプリンス”のデスショー 「舞が、回を追うごとにさらに美しくなっている気がする」

「ボクの殺意が恋をした」 鈴木伸之“デスプリンス”のデスショー 「舞が、回を追うごとにさらに美しくなっている気がする」 画像1

 中川大志が主演するドラマ「ボクの殺意が恋をした」(日本テレビ系)の第9話が、29日に放送された。

 本作は、“最高に間が悪い殺し屋”の男虎柊(おのとら・しゅう=中川)が、暗殺ターゲットの人気漫画家・鳴宮美月(葉山葵=新木優子)に恋をしてしまうという、殺意と恋が入り混じったスリリングなラブコメディー。(※以下、ネタバレあり)

 柊が鳴宮美月殺害未遂の疑いで指名手配された。それを知った葵は動揺する。

 柊の育ての親で伝説の殺し屋・丈一郎(藤木直人)は、鳴宮美月の引退会見を開き、その場で柊の無実を証明して、警察の殺し屋組織に属す詩織(水野美紀)の不正を公表する計画を立てるが、その話は財閥令嬢の莉奈(松本穂香)に盗聴されていた。

 そんな中、柊は、どうしても詩織が完全な敵だとは思えなかった。しかし葵には、詩織をかばおうとする柊が理解できない。柊と葵の気持ちは、次第にすれ違っていく。

 一方、モデルで殺し屋の流星(鈴木伸之)は、莉奈に手を組むことを持ち掛ける。さらに彼は詩織と交渉し、今度こそターゲットは必ず殺すと宣言する。

 放送終了後、SNS上には、「早く次回を見たいけど、最終回なのは寂しい」「いいところで続きになってしまった。1週間待つのつらいです」などのコメントが寄せられた。また、番組主題歌を担当するVaundy (バウンディ)が公式ツイッターアカウントで「最終回待ちきれねぇよなんてこった!」 とツイートしたことも話題となった。

 また、殺し屋として復活したデスプリンス(鈴木)の舞には、「舞が、回を追うごとにさらに美しくなっている気がする」「舞がうまくなっているかもしれない」「やっぱデスプリンス最高やな」などのコメントが集まった。

「ボクの殺意が恋をした」第9話(C)ytv