エンタメ

「カノキレ」“宗介”中島健人に「きゅんきゅんが止まらない」 “樋口” 赤楚衛二は「今日も切なかった」

「カノキレ」“宗介”中島健人に「きゅんきゅんが止まらない」 “樋口” 赤楚衛二は「今日も切なかった」 画像1

 中島健人と小芝風花がW主演するドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系)の第9話が、7日に放送された。

 本作は、さえない太った少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝)という真逆の成長を遂げた2人の、“すれ違う初恋”を描くラブストーリー。(※以下、ネタバレあり)

 連日、激務をこなす宗介が過労で倒れた。病院に駆けつけた愛は宗介を心配するが、当の宗介は愛と晴れて恋人同士になれた喜びでいっぱいだった。

 そして、仕事にもよりいっそう、精を出す宗介は、雑誌「ザ・モスト」の存続が掛かった次号の目玉企画として、メディアにほとんど出ない人気アーティスト・アリサの独占インタビューを取ってくる。

 ある日、休日出勤している宗介に弁当を差し入れた愛は、宗介から「『モスト』の存続が決まったらプロポーズする」と告げられ、幸せの絶頂に。

 しかしそこへ、週刊誌にアリサのスクープ記事が出るという知らせが飛び込んできて、独占インタビューはお蔵入りになってしまう。

 今回は、冒頭から愛と宗介のラブラブシーンが満載だったことから、放送終了後、SNS上には、「開始3分で死ぬ」「きゅんきゅんが止まらない! 小学生の淡い両思いから大人の恋愛へ…。うらやましい関係性」「デレデレモードな宗介がかわいい」といった感想が寄せられた。

 一方、愛に振られても愛を思いやる樋口(赤楚衛二)について、「今日も切なかった…」「私は断然、樋口派」という声が集まり、「樋口くん」がトレンドワード入りを果たした。

 また、物語のラストで、謎の作家・楠瀬凛の正体が樋口だったことが明かされると、「思わず声が出た」「びっくりし過ぎた」と驚く視聴者も多かった。

赤楚衛二 (C)カンテレ