エンタメ

奇跡の「7本指」のピアニスト 西川悟平氏スペシャルライブ

img_274154_1

 難病で一時は両手の演奏機能を失うも、懸命なリハビリの末「7本指」で奇跡の再起を果たしたピアニスト、西川悟平氏。唯一無二の演奏で世界中の聴衆を魅了している氏のライブ「西川悟平ソロライヴ~クラシカルクロスオーバー/西洋と東洋の文化の出会い~」が、10月1日(金)・2日(土)に、東京・丸の内のコットンクラブで開催される。

 ニューヨークで20年間活躍してきた西川氏が、自身の原点である東洋文化や音楽にリスペクトの気持ちを込め、日本の伝統文化をけん引する和楽表現者を招いてコラボ。氏の魂を揺さぶる演奏に、世界各国での演奏経験を持つ作曲家・アレンジャー・和太鼓奏者の坂本雅幸氏の演奏と、若手トップの舞踊家として日本舞踊界をけん引する花柳幸舞音氏の舞がクロスする。西川悟平ワールドに、同じDNAを持つ東洋文化が掛け合わされることで起こる化学変化はいかに!?

 2日間全4公演で、各日2ステージ完全入替制。1日目の「1st.show」と2日目の「2nd.show」で料金・セット内容が異なる。2ndのみ全席食事付き。予約・問い合わせをコットンクラブサイトまたは電話(03-3215-1555、12時~19時)で受け付けている。

 西川氏は15歳からピアノを始め、3年後にニューフィルハーモニー管弦楽団とピアノコンチェルトを共演。突然難病「ジストニア」に襲われるが、10年以上にわたる懸命なリハビリの末、再起を果たす。国内外でのライブ活動に加え、CMや映画への楽曲提供、ベストドレッサー賞の受賞など、話題が絶えない。今年9月には、かねてからの夢だった「東京2020パラリンピック閉会式」での演奏を果たした。