エンタメ

岡田准一、土方歳三は「歴代で一番格好いい役柄」 沖田総司役の山田涼介に一番きつい減量法を伝授

岡田准一、土方歳三は「歴代で一番格好いい役柄」 沖田総司役の山田涼介に一番きつい減量法を伝授 画像1

 映画『燃えよ剣』完成報告イベントが9日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、尾上右近、山田裕貴、伊藤英明と原田眞人監督が登壇した。

 本作は、司馬遼太郎が、新選組の志士たちの知られざる人生を描いた同名小説を映画化。副長・土方歳三を岡田が、土方の盟友である新選組局長の近藤勇を鈴木が演じた。

 岡田は「本当にすごい人物を演じさせていただいた。これまでいろいろな役を演じさせていただきましたが、歴代で一番格好いい、すてきな役柄をやらせていただいたと思っています」とあいさつ。

 続けて、「原田組に携われたこと、そこに主演として立てたこと、素晴らしいキャストの皆さんと一緒に激動の幕末の時代を生き抜けたことを、幸せに思える仕上がりの作品になっています」と胸を張った。

 土方と恋に落ちるお雪を演じた柴咲は「男であり、戦う生きざまというのをぶつけ合う、彼ら、新選組がうらやましくて仕方なかったです。本当だったら私もその一員になりたかった…。こういう時期だからこそ、その作品が、より皆さまの心に届くはずと信じております」と語った。

 一番隊組長・沖田総司役の山田涼介は、結核を患う役のため、厳しい減量に挑んだという。「役柄的に痩せなければいけないときに、岡田さんと亮平さんが、お医者さんのように『こういう塩の抜き方がある』と教えてくださりました」とエピソードを語った。

 岡田は「本当に頑張っていた。あれはきつい。自分は二度とやりたくないというような一番きつい方法を教えたら、それを本当に実践していた」と山田のストイックさに感心しきり。山田は「そのとき、一番きついって言っていなかったですよ」と苦笑した。

 映画は10月15日から公開。