エンタメ

木村拓哉、再び人気ゲームの主人公を演じる 玉木宏、山本耕史も共演を喜ぶ

木村拓哉、再び人気ゲームの主人公を演じる 玉木宏、山本耕史も共演を喜ぶ 画像1

 『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』完成披露記者発表会が10日、東京都内で行われ、ゲーム内のキャラクターを演じた木村拓哉、玉木宏、山本耕史、光石研、中尾彬ほかが登壇した。

 このゲームは、本格リーガルサスペンスストーリーとして多くのユーザーから支持を受けた「ジャッジアイズ」シリーズの第2作。傷つき打ちのめされても、何度でも立ち上がり、真実を追い求め続ける主人公・八神隆之を、再び木村が演じた。

 前作の反響の大きさを伝えられた木村は「すごくうれしいです。お仕事の現場でも、インタビューをしてくださる女性アナウンサーさんや、『まさか!』と思う方から、『実は、クリアしました』と小さい声で言っていただくことが割と多くて」と、笑顔で振り返った。

 探偵・八神を演じた感想は、「監督がずっと指導してくださったので、それに食らいついていくだけでした」と語った。八神の魅力については、「やっぱりブレない部分が強みだと思う。でも彼個人の魅力というよりは、周りの支えてくれるキャラクターや、世界観全体の魅力なのかな」と話した。

 半グレ集団のリーダー・相馬和樹を演じた玉木は「ものすごいリアリティーのある映像で驚きました。もし、実写化するならそれも最高だと思う」とコメント。

 続けて、「ずっと木村さんが出ているドラマが好きで見ていて、それがこの世界に入った動機の一つでもあるので、今回の共演をすごく楽しみにしていた。今回は声だけだったので、願わくば、やはり実写でご一緒したい思いもあります」と語った。

 便利屋・桑名仁役の山本も「画面の中の木村さんと共演するという不思議な共演でした。僕は以前ドラマで兄弟の役をさせてもらった。今回はゲームの中の八神ですけど、それでもやはり緊張します」と思いを語った。