エンタメ

山本美月「しっかり休むこと、早めのケアが大切」 セルフメディケーションの重要性を訴える

山本美月「しっかり休むこと、早めのケアが大切」 セルフメディケーションの重要性を訴える 画像1

 パイロン・メジコン新商品説明イベントが13日、オンラインで開催され、女優の山本美月が登場した。

 シオノギヘルスケアは、医療用と同量の有効成分を配合した風邪薬を新発売する。

 新CMで、自分で自分の健康を管理する「セルフメディケーション」の重要性を訴えた山本は「普段から心掛けていること」を尋ねられると、「ドラマの撮影中などは特に体調管理に気を付けています。自分が病気になってしまったら周りに迷惑を掛けてしまうので、食事の栄養バランス、睡眠、運動…その三つは常に意識しています」とコメント。

 具体的には、「季節のお野菜を使ったり、タンパク質が豊富なレシピを検索して料理してみたりとか、後はお風呂に入った後に軽くストレッチをしてから寝るようにしています」などとポイントを語った。

 それでも、風邪をひいてしまった場合は、「撮影現場に行くと周囲に移してしまうリスクがあるので、おうちでしっかり休むこと、早めのケアを大切にしています」と語った。

 「病院はあまり受診したくない?」と聞かれると、「テレビのニュース番組などを見て、医療従事者の方の大変さを知りました。私は受診したくないというよりも、受診しないようにしたいという意識の方が強い。なので、これまで以上に自分の健康には気を付けるようになりました」と明かした。

 また、「コロナ禍におけるライフスタイルの変化」について聞かれると、「外出を控えなければいけないので、旅行にも行けないですし、どうしてもストレスがたまってしまうので、友達とこまめに連絡を取り合ったりしています。また、大好きな雑誌や漫画を読んだり、あとは絵を描いたりして、趣味に没頭する時間も大切にしています」と語った。