エンタメ

「ただリコ」追い詰められていく“正隆”北山宏光と“雪映”中村ゆり 「もうやば過ぎる結末しか思い浮かばない」

「ただリコ」追い詰められていく“正隆”北山宏光と“雪映”中村ゆり 「もうやば過ぎる結末しか思い浮かばない」 画像1

 Kis-My-Ft2の北山宏光が主演するドラマ「ただ離婚してないだけ」(テレビ東京系)の第10話が、15日に放送された。

 本作は、夫の不倫をきっかけに、夫婦に巻き起こる戦慄(せんりつ)の展開を描いた不倫サスペンス。(※以下、ネタバレあり)

 柿野正隆(北山)と妻の雪映(中村ゆり)の自宅に、刑事の池崎(甲本雅裕)と萌(萩原みのり)の弟・創甫(北川拓実)がやってくる。

 2人は萌と佐野(深水元基)の失踪について正隆たちを問い詰めるが、雪映は冷静に、正隆の不倫相手だった萌を心配するふりをする。

 池崎は2人が殺されている可能性を指摘し、家中の部屋を見せるように要求するが、雪映はそれを突っぱねる。

 一方、正隆の家の2階に監禁されている佐野は結束バンドを切り、逃げ出す機会をうかがっていた。

 正隆と雪映が窮地に追いやられていく展開に、放送終了後、SNS上には、「ついに原作から大きくずれる展開になったけど、最後はどうなるんだろう?」「もうやば過ぎる結末しか思い浮かばない」「正隆たちには幸せになってほしかった…」といった感想が集まった。

 また、「中村ゆりさんに圧倒された。お芝居をじっくり見たら、本当にすてき」「深水さんの演技すごい。貧相に痩せこけて狂気じみた演技が本当に監禁されてた人」「三者三様の怪演が怖過ぎて、ただただ引きつけられ、閉鎖的な感覚が生まれて映画を見ているようだった」と北山や中村、深水の演技を絶賛する声も相次いだ。