エンタメ

スピルバーグ監督作『ウエスト・サイド・ストーリー』予告編を公開 名曲「トゥナイト」から始まる禁断のラブストーリー

スピルバーグ監督作『ウエスト・サイド・ストーリー』予告編を公開 名曲「トゥナイト」から始まる禁断のラブストーリー 画像1

 スティーブン・スピルバーグ監督が、伝説のミュージカル「ウエスト・サイド物語」を映画化した『ウエスト・サイド・ストーリー』の予告編とUS版の新ポスターが公開された。

 物語の舞台は、1950年代のニューヨーク。マンハッタンのウエストサイドには、夢や成功を求める多くの移民たちがいた。社会の分断の中で、貧困や差別に直面した彼らは、同胞の仲間とグルーブを結成するが、各グループは対立する。

 特に、ポーランド系移民の「ジェッツ」とプエルトリコ系移民の「シャークス」は激しく対立し、一触即発の状態に。そんな中、「シャークス」のリーダーを兄に持つマリア(レイチェル・ゼグラー)は、「ジェッツ」の元リーダーのトニー(アンセル・エルゴート)と出会い、一瞬で引かれ合う。

 今回、解禁となった映像は、マリアが名曲「トゥナイト」を歌う場面から始まる。「異なる立場を超えて、私たちは手を取り合うことができるのか?」というメッセージが込められた歌詞が、禁断のラブストーリーの始まりを予感させる。

 ダンスホールで運命的な出会いを果たすトニーとマリア。しかし、対立するグループ同士の恋は許されず、マリアは兄から「やつには会うな」とくぎを刺される。一方、トニーは仲間から「シャークス」との抗争への協力を頼まれる。

 映像では、恋に落ちる2人を引き裂くように、「ジェッツ」と「シャークス」が激しく対立する様子や、決闘シーンが垣間見えるほか、ミュージカルらしい、華やかでエネルギッシュなダンスシーンも散りばめられている。

 さらに、手を取り合うトニーとマリアの影が印象的に描かれたUS版のポスタービジュアルも公開。全世界を魅了し続ける、禁断のラブストーリーへの期待値が高まるビジュアルとなっている。

 映画は12月10日から公開。

https://youtu.be/g1fDo8ppz24