エンタメ

木村拓哉「もうタンゴはいい。“みたらし団子”でいい」 長澤まさみ「木村さんに宇宙旅行に連れて行ってほしい」

木村拓哉「もうタンゴはいい。“みたらし団子”でいい」 長澤まさみ「木村さんに宇宙旅行に連れて行ってほしい」 画像1

 映画『マスカレード・ナイト』公開初日舞台あいさつが17日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、渡部篤郎と鈴木雅之監督が登壇した。

 本作は、東野圭吾氏のミステリー小説シリーズを実写化した映画『マスカレード・ホテル』(19)の続編。破天荒な刑事・新田浩介(木村)と真面目過ぎるホテルマン・山岸尚美(長澤)が、再びバディを組み、難事件に挑む。

 「もし木村さんに何でもお願いできるとすると?」と尋ねられた長澤は「宇宙旅行に連れて行ってほしいです。木村さんは、地球でできることは何でもできちゃうイメージがあるので、地球を出ないと」と答えた。

 木村は「僕が宇宙に行くときに、まさみちゃんに『行くよ』と連れて行って、『ほら、あれが月だよ』ってこと?」と笑いながら、「考えておきます」と返した。

 終盤には、司会者が東野氏からのコメントを紹介した。その中で、最大限の賛辞を送られた木村は「代読なのに、ちょっと鳥肌が2回ぐらい立ちました」と感激の面持ち。

 「次回作の参考にいたします」というメッセージには、「怖いですね。でも、負けずに前を向いてやっていけば、またこういうメンバーで、舞台あいさつができる日が来るんじゃないかな」と期待を口にした。

 また、本作でアルゼンチンタンゴに挑戦した木村は、東野氏の「次は何がいいでしょうか?」との問い掛けに、「普通に“みたらし団子”でいい。もうタンゴはいい。団子でいいです」と駄じゃれで答え、「今のはちょっと…。とっさに思いついただけなので」と照れた。

 だが、長澤が「なんか新鮮。もう一度言ってください」とねだると、木村は「タンゴはもういいかなと思うので、みたらし団子で」と応えて会場の笑いを誘った。