エンタメ

松坂桃李、古田新太のスタミナに驚く 「僕は毎回、疲弊してホテルに帰っていたのに…」

松坂桃李、古田新太のスタミナに驚く 「僕は毎回、疲弊してホテルに帰っていたのに…」 画像1

 映画『空白』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の古田新太、松坂桃李、田畑智子、藤原季節、伊東蒼、寺島しのぶと吉田恵輔監督が登壇した。

 本作は、中学生の少女がスーパーで万引きを疑われ、店長に追い掛けられた末に車にひかれて死亡。少女の父親・添田(古田)は、せめて彼女の無実を証明しようと、店長の青柳(松坂)を激しく追及するうち、関係する人々全員を追い詰めていくという物語。

 コロナ禍前に撮影された本作。古田は「ものすごいとげとげしいシーンばかりだったので、その反動で、終わると速攻、飲みに行っちゃう。毎回飲んで楽しかったです。ただ、桃季は役作りをする人なんであんまり仲良くしてくれなくて…」と語った。

 松坂は「毎シーン毎シーン、古田さんとのシーンのカロリー消費量が半端なくて、とてもじゃないけど飲みに行く気力がないというか。毎回僕は『お疲れさまでした』と疲弊してしまってホテルに帰っていたのですが、なぜ監督含め、皆さん、飲みに行けるのか不思議でした」と明かして笑いを誘った。

 また、松坂は、正義感の強いスーパーの店員・草加部を演じた寺島について、「学生時代にスーパーのバイトをしていたことがあって、寺島さんは、当時のパートの人と雰囲気がすごく似ていて。距離感というか、間合いがとてもリアルで、バイト時代を鮮明に思い出しました」と語った。

 寺島は「それはうれしい。人間観察が好きで。今回、草加部を演じるに当たり、こういうおばさんがいたら絶対嫌だろうなというのを集結させて演じました」と役作りを明かした。