エンタメ

草なぎ剛「僕が愛犬に拾われたんじゃないかって」 「拾われた男」で仲野太賀、伊藤沙莉と共演

草なぎ剛「僕が愛犬に拾われたんじゃないかって」 「拾われた男」で仲野太賀、伊藤沙莉と共演 画像1

 ディズニーの動画配信サービス「Disney+」(ディズニープラス)のイベント「APACコンテンツ・ショーケース」が14日、東京都内で開催され、俳優の仲野太賀、草なぎ剛、伊藤沙莉、松尾諭が登場した。

 イベントでは、ディズニープラスで配信されるラインナップや新コンテンツをお披露目。

 その中で、松尾が自らの波瀾(はらん)万丈の人生を描いたエッセー『拾われた男』をドラマ化し、2022年に全世界で配信されることが発表された。

 主人公を演じる仲野は「まさか自分にこの話がくるとは思っていなかったので、不思議な気持ちでいっぱいです」とあいさつ。

 恋人役の伊藤は「結構前から、松尾さんから『君にやってもらいたい役がある』と聞いていた。よくよく聞いたら、奥さんの役で、すごい大役を任されたなと」と明かした。

 主人公の兄を演じる草なぎは「“松尾先生”から役を頂きました。ありがたいです。本を読ませてもらったのですが、すごくグッとくるところがあるので、松尾先生に怒られないように頑張りたいと思います」と冗談まじりに意気込みを語った。

 また、タイトルにちなみ「人生で拾われたと思った経験」を尋ねられた草なぎは「何にしましょう。僕も、作品や役に拾われているなと思うのですが…」と考え込みながら、「僕には愛犬のクルミちゃんがいるんですけど」と別の話題を語り始めた。

 草なぎは「散歩のとき、いつもクルミちゃんは僕の前を歩いていて、どっちがリーダーなのかなと思っていて。また、クルミちゃんの真っすぐな目に見詰められると、心を見透かされているような気がしてくるんです。僕は飼い主で、迎え入れたのだけど、実は、僕がクルミちゃんに拾われたんじゃないかなって。犬って達観してるじゃないですか。真面目に生きないとなと思ったりします」と苦笑交じりに語った。