エンタメ

「真犯人フラグ」“一星”佐野勇斗の正体に疑問の声 「一星の説明が全部本当なのかは怪しい…」

「真犯人フラグ」“一星”佐野勇斗の正体に疑問の声 「一星の説明が全部本当なのかは怪しい…」 画像1

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第3話が、24日に放送された。

 本作は、家族が失踪してしまったサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目=真犯人フラグを立てられ、追い詰められていく姿を描く考察ミステリー。(※以下、ネタバレあり)

 第3話では、佐野勇斗が演じるITベンチャー企業「プロキシマ」の社長・橘一星が、失踪した凌介の娘・光莉(原菜乃華)の彼氏であることが判明する。一星は凌介に、光莉とは約1年前に偶然パン屋で出会い、ストーカーに付けられていた光莉を助けたことがきっかけで、交際することになったと説明する。

 その後、一星の携帯電話に「カップル専用アプリ」の通知が届き、光莉の携帯電話が群馬の山奥にあることが分かる。その場所へ捜索に行くと、光莉の携帯電話だけが落ちていて、近くからは凌介の妻・真帆(宮沢りえ)の結婚指輪も発見された。

 なぜ、そこに携帯電話と結婚指輪があったのか? 今後は一星も捜索に加わり、持ち前の知識や頭脳を活かして、凌介や瑞穂(芳根京子)と共に事件の真相に迫っていく。

 放送終了後のSNS上には、「一星が本当に彼氏なのかは怪しい。一星がストーカーだったのかも?」「光莉からの『助けて』のメッセージが、監禁している一星に向けてのメッセージだったら怖い」というコメントが投稿された。

 ほかにも、「佐野くんがカッコいい。『真犯人フラグ』でキュンキュンするとは思わなかった」「勇斗くんがイケメン社長&彼氏なんて…好き」といった声も寄せられた。

 また、オンライン動画配信サービスHuluでは、本編では描かれなかった登場人物のアナザーストーリーを描く<Huluオリジナルストーリー「週刊追求プレミアム」>が配信中だ。第1弾となる今回は、佐野が演じる一星と光莉のなれ初めが描かれ、ドラマ本編とは違った胸キュンなストーリーとなっている。

“光莉”原菜乃華(左)と“一星”佐野勇斗 (C)日本テレビ