エンタメ

片寄涼太、敏腕弁護士役で月9ドラマ初出演 「親に報告したらとても喜んでくれました」

片寄涼太、敏腕弁護士役で月9ドラマ初出演 「親に報告したらとても喜んでくれました」 画像1

 窪田正孝主演の月9ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)の第6話(11月8日放送)に、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)がゲスト出演することが決定した。

 本作は、天才放射線技師の五十嵐唯織(窪田)と放射線技師たちの活躍を描いた物語。片寄が演じるのは敏腕弁護士の武藤健。

 甘春総合病院に現れた武藤が、整形外科医の辻村(鈴木伸之)がある高齢女性の重大な病気を見逃したとして医療過誤で訴え、ストーリーが展開していく。

 片寄は「初めての月9でたくさんのことを学び、皆さんに多くの刺激を頂きながら撮影に臨ませていただきました。弁護士・武藤という男を一生懸命生きましたので、ぜひ見ていただけたらと思います」とアピールした。

 また、「自分の中ではずっと“ドラマ=月9”というイメージです。花形の枠であり、フジテレビさんの歴史の中で欠かせない、由緒あるドラマ枠に出させていただけて大変光栄です」と語り、今回の出演を「親に報告したらとても喜んでくれました」と明かした。

 弁護士役にも初挑戦だったが、「シンプルに『難しいんだな』と感じました。自分の中でせりふを含めてイメージはできていたのですが、全く準備が足りていないのだと思い知りました。役者として自分が一歩成長できるポイントになったと感じています」と話した。

 同じ事務所に所属する鈴木との共演については、「一緒の作品をやったこともあるのですが、何か不思議な感じがあります。ノブくんが、役の辻村先生として接してくれたので、僕自身はすごくお芝居がやりやすかったです」と振り返った。