エンタメ

「日本沈没」関東沈没で甚大な被害「リアル過ぎて怖い」 次週「日本沈没編」スタートで“天海”小栗旬が奔走

「日本沈没」関東沈没で甚大な被害「リアル過ぎて怖い」 次週「日本沈没編」スタートで“天海”小栗旬が奔走 画像1

 小栗旬が主演するドラマ「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)の第5話が、14日に放送された。

 本作は、1973年に刊行された小松左京の原作をアレンジしてドラマ化。日本沈没という未曾有の事態に立ち向かう環境省の官僚・天海啓示(小栗)らの姿を描く。(※以下、ネタバレあり)

 恐れていた関東沈没が突然始まり、首都圏を中心に深刻な被害が発生した。沿岸部にいた天海と椎名(杏)は、その場から逃げ出そうとしたが、負傷してしまう。

 その後、避難所で目を覚ました天海は、妻の香織(比嘉愛未)と娘の茜(宝辺花帆美)や、椎名の母の和子(宮崎美子)らが乗った避難バスがトンネル崩落事故に巻き込まれたことを知る。天海と椎名は、香織たちを探しに向かう。

 一方、東山首相(仲村トオル)は、総理官邸の災害対策本部から国民に向け、全力の対応を約束していた。

 そして、常盤(松山ケンイチ)ら日本未来推進会議のメンバーは、不安を感じながらも東山首相の指示の下、被害状況の把握や被災者の救助などの対応に当たる。

 放送終了後、SNS上には「避難所の様子がリアル。きっと実際にもこんな光景が見られるんだろうな…」「子役の子たちの演技が皆すごい」「コロナの危機管理にも話がリンクしてて面白い」といった感想が投稿された。

 また、避難所で天海が娘と再会を果たし、抱き合うシーンが放送されると、「感動した」「号泣した」という声も集まった。

 次週、第6話からは、ついに「第二章日本沈没編」がスタート。予告で、日本未来推進会議に復帰した天海が、国民を救うために奔走する姿が映し出されると、「やっぱり関東沈没だけでは終わらないよね。ここからがむしろ本番か」「日本沈没に向けて、どう話が展開していくか楽しみ」というコメントも寄せられた。