エンタメ

令和版「東京ラブストーリー」“カンチ”伊藤健太郎と“リカ”石橋静河の価値観の違いが露呈 「張り詰めたような1時間だった」

令和版「東京ラブストーリー」“カンチ”伊藤健太郎と“リカ”石橋静河の価値観の違いが露呈 「張り詰めたような1時間だった」 画像1

 伊藤健太郎が主演するドラマ「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)の8話「すれ違う想い」が、30日深夜に放送された。

 本作は、1991年にフジテレビ系で放送された織田裕二、鈴木保奈美主演の同名ドラマを、昨年、29年ぶりに制作。動画配信サービス「FOD」などで配信したものを地上波で初放送している。(以下、ネタバレあり)

 カンチ(伊藤)は、突然リカ(石橋静河)から「ニューヨークに行く」と告げられ、困惑する。だが、行かないでほしいという気持ちを抑え、リカの意志を尊重し、送り出すことを決意する。

 そんな中、カンチはある仕事のプロジェクトリーダーを任され、多忙な日々が続いていた。三上(清原翔)は父親が亡くなり、葬儀に出席するため愛媛の実家に帰郷する。

 三上が葬儀から戻ると、カンチは三上とさとみ(石井杏奈)の仲を修復させようと三上の留守番電話にあるメッセージを残す。

 留守番電話を聞いた三上は、さとみに会いに行こうとするが、婚約が決まっていたはずの同級生・長崎尚子(高田里穂)が訪ねてくる。

 一方、リカはカンチとの愛媛旅行を楽しみにしていたが、カンチの仕事のトラブルで旅行は中止になってしまう。

 そして、仕事のストレスがたまっていたカンチが、我慢していた気持ちをぶつけると、リカは家を出ていってしまう。

 放送終了後、SNS上には、「今週もイライラしました。面白かった」「これから見るのがつらくなるけど、最後まで見届けます」「やはり20数年前と同じ感情。 さとみちゃん、イラッとする」「張り詰めたような1時間だった」などの感想が投稿された。

 また、脚本担当の北川亜矢子氏が公式Twitterで、「お互い心から愛し合っているのに、絶望的に相性の悪い2人の物語 」「仕事の話から2人の関係の話になって、どうにもならないレベルでの価値観の違いがドーン 、悲しい」とツイートしたことにも反響が集まった。

「東京ラブストーリー」第8話のワンシーン (C)柴門ふみ/小学館 フジテレビジョン