エンタメ

草なぎ剛「失敗してもみんなで助け合える社会に」 来年の抱負は「新しい自分の表現を見付けたい」

草なぎ剛「失敗してもみんなで助け合える社会に」 来年の抱負は「新しい自分の表現を見付けたい」 画像1

 「CAMPFIREクラウドファンディングアワード2021」グランプリ発表会が7日、東京都内で行われ、俳優の草なぎ剛ほかが登場した。

 本アワードは、国内最大級のクラウドファンディング「CAMPFIRE」の数多くのプロジェクトの中から、その年の特に優れた挑戦をたたえるもので、今年で5年目を迎える。

 CAMPFIREアンバサダーの草なぎは「新しいチャレンジというのは、人生の楽しみでもあります。クラウドファンディングを活用してどんどん自分の殻を破って挑戦してほしい」と呼び掛けた。

 今年の印象を聞かれると、「コロナ禍で苦労された方も多く、会いたい人に会えなかったり、自分自身にも変化があった年だったと思います」とコメント。

 その中でも、「可能な仕事を一つ一つ進めてきた。延期や中止になる公演などがある中、僕の場合は、大河ドラマなども滞りなく放送できている。仕事ができるということをかみ締めて、ここまでこられた自分がとても幸せだなと思います」と語った。

 来年の抱負については、「いろいろ挑戦していきたいですが、失敗も恐いので、そのときに、みんなで助け合っていける社会にしていきたいです」とコメント。

 役者としても、「失敗を恐れずに、どんどん新しい自分の表現を見付けていきたい」と意気込みつつ、「失敗したときには、誰かが助けてちょうだい」とおどけた。

 「自身がクラウドファンディングに挑戦するとしたら?」と聞かれると、愛犬の存在について触れ、「冬は散歩していると寒いので、ワンちゃんの洋服を作ってみたい。僕はデニムが好きなので、デニムの生地を使って。ビンテージデニムで作りたいです」と回答。その後、「やはりもったいなかいから、僕がはきたいです」と語って笑わせた。