エンタメ

GENERATIONS、3度目の紅白に意気込み 中務裕太、今年の漢字は「『活を入れる』の『活』」

GENERATIONS、3度目の紅白に意気込み 中務裕太、今年の漢字は「『活を入れる』の『活』」 画像1

 大みそか恒例の「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが28日、東京都内で行われ、3回目の出場となるGENERATIONSが囲み取材に応じた。

 白濱亜嵐は「改めてこの文化的な番組に出られることがとてもうれしいし、機会を頂けたことに感謝しています。この紅白がないと年末感もなくなってきたので、精いっぱい頑張りたいと思います」とコメントした。

 披露する楽曲は「Make Me Better」。片寄涼太は「1年を通してパフォーマンスしてきた曲なので、いい締めくくりとなるパフォーマンスができたら」と笑顔で意気込みを語った。

 この日は、数原龍友の29歳の誕生日。関口メンディーから「おメンディー!」と祝福された数原は、29歳の抱負を問われると、「僕はお肉が大好き。29歳は“肉食え”という神からのお告げだと思って、年明け早々、肉を食いまくりたい。来年は牛5頭分食べようかなと思っています」と語って笑わせた。

 今年は有観客のライブも徐々に再開された。白濱は「昨年に比べると、今までの日常が戻ってきた日々だったのかな。まだ模索する日々が続きそうですが…」とコメント。

 「今年を漢字1文字で表すと?」と聞かれた中務裕太は「『活を入れる』の『活』」と挙げ、「コロナ禍で、メンバーもたくさん考えることがあった。自分自身、自分のケツをたたいて走ってきた1年だったので、この一文字で表現させてもらいました」と説明した。

 所属事務所のLDH JAPANからは唯一の紅白出場となったGENERATIONS。関口は「例年通り、HIROさんから『こういった場所に集団で来るときは、気付かぬうちに広がって道を歩いていたりするので端に寄りなさい』と言われている。そういうところを意識しながらLDHらしいパフォーマンスを届けたい」とコメント。

 数原も「もう10年になりますが、『人に迷惑掛けるな、端っこに寄りなさい』とまだ注意されています」と笑った。