エンタメ

「TOKYO MER」が映画化。2023年公開 鈴木亮平「成長した姿を見ていただきたい」

「TOKYO MER」が映画化。2023年公開 鈴木亮平「成長した姿を見ていただきたい」 画像1

 TBS系で2021年7月期に日曜劇場枠で放送された鈴木亮平主演の救命医療ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の映画化が決定した。公開は2023年となる。

 物語の主役は、「TOKYO MER」という救命救急のプロフェッショナルチーム。MERとは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称。最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)で、重大事故・災害・事件の現場に駆け付け、負傷者にいち早く救命処置を施す都知事直轄の医療チームだ。

 ドラマ版では、自らの危険を顧みず、患者の命を救うため、立てこもり事件やトンネル崩落事故、また、爆破テロの現場に果敢に飛び込んでいく「TOKYO MER」メンバーの姿が描かれ、話題を呼んだ。

 「TOKYO MER」のチーフドクター・喜多見幸太を演じる鈴木は「ドラマ放送中は、僕たちも皆さまからたくさんの勇気と熱い感想を頂きました。今回そのお気持ちに、映画化という最高の形で恩返しできることが本当にうれしいです。そして、現実でもまだ予断を許さない状況が続いているからこそ、医療従事者の方々の魂を伝えられる作品を作りたいと思っています」とコメントを寄せた。

 映画化については、「僕もまだ想像できていないのですが、間違いなくさらにスケールアップした作品になるでしょう。責任重大です。楽しみですが、少し怖くもあります」と心境を明かした。

 続けて、「われわれ『MER』メンバーもドラマと同じレベルのものをお見せするわけにはいきません。個々のスキルもチームワークもさらにパワーアップして、成長した姿を見ていただきたいです」と決意を語った。

 また、喜多見を支える医系技官の音羽尚を演じる賀来賢人、循環器外科とMERチームを兼務する研修医・弦巻比奈役の中条あやみ、都知事役の石田ゆり子、菜々緒、仲里依紗らの続投も発表された。