エンタメ

村田雄浩「カムカムエヴリバディ」で竹村平助役 るい役の深津絵里は「本当にこんな方が子どもでいてくれたら幸せだろうな」

村田雄浩「カムカムエヴリバディ」で竹村平助役 るい役の深津絵里は「本当にこんな方が子どもでいてくれたら幸せだろうな」 画像1

 深津絵里が2代目ヒロインのるいを演じるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。るいが働く「竹村クリーニング店」の店主・ 竹村平助役を演じる村田雄浩からインタビューコメントが届いた。

 平助は、人情に厚いが、どこか脇が甘く、妻・和子(濱田マリ)の尻に敷かれているという役どころ。ひょんなことから、るいを店に迎えることになる。

 村田は「じっくりたっぷり、長い時間を懸けてドラマを作っていくのが“朝ドラ”。そこに久々に参加できるのが、すごくうれしいです」と出演の喜びを語った。

 演じるに当たって、「台本を読んだときに妻役の濱田マリさんと、『このクリーニング屋さんが、るいちゃんにとっての、このドラマにとってのオアシスというか、息抜きになる場所になったらいいね』と話しました」という。

 その濱田が演じる和子との掛け合いも見どころの一つ。村田は「濱田さんは関西の方なので大阪言葉のイントネーションができるけど、私は関東の人間なので、濱田さんに引っ張ってもらっています」と明かした。

 撮影現場の様子を問われると、「家族みたいな雰囲気。NHK大阪局が好きです。俳優たちはやりやすいんじゃないかな。何か甘えられるっていうか」と答えた。

 深津の印象については、「ピュアな感じで、すごくるいちゃんのようです。演じている深津さんを見ていて、すごいと感じるし、すてきだなと、本当にこんな方が子どもでいてくれたら幸せだろうなと思いました」と語る。

 濱田については、「何も気負わなくていいし、あっという間に夫婦になれちゃう感じ。お互い大人ですから気を使ってはいますけど、日を追うごとにどんどんそういうのがなくなっていく、そのスピードの早いこと! 言葉のこともあるし、テンポだったり、ノリだったり、おんぶにだっこです」と笑った。