エンタメ

「ムチャブリ」1話、志尊淳“大牙”のツンキャラに反響 「ツンな突っ込みでさえもキュンでした」

「ムチャブリ」1話、志尊淳“大牙”のツンキャラに反響 「ツンな突っ込みでさえもキュンでした」 画像1

 高畑充希が主演するドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」(日本テレビ系)の1話が、12日に放送された。

 本作は、ベンチャー企業の社長秘書・高梨雛子(高畑)が、子会社の社長に抜てきされ、生意気な部下の大牙涼(志尊淳)とカリスマ上司の浅海寛人(松田翔太)との板挟みになりながらも、仕事や恋に体当たりで挑み、成長していく姿を描く。(※以下、ネタバレあり)

 ベンチャー企業の社長秘書として働く雛子は、上司の浅海からのムチャブリ(無理難題)に振り回され、6年間彼氏なしのまま、30歳を迎えた。

 クリスマスイブの夜、いつものように浅海から突然の電話が入り、社内で募集している新規事業の企画に応募するように言われる。

 ところが、雛子が、数年前に出した企画書の年号を書き換えて提出したものが採用され、子会社設立の記者会見の場で、浅海から突然社長に任命され、浅海が買収した老舗フレンチレストランを1カ月でリニューアルオープンするよう命じられる。

 部下として配属された若手社員の大牙は、シェフの古賀(神保悟志)と、新メニューの件でけんかになり、2人を仲裁しようとした雛子は古賀に殴られてしまう。

 社長を辞めたいと浅海に申し出る雛子だったが、レストランを訪れると、古賀は安価な新メニューの開発に着手していた。古賀の思いを知った雛子が協力し、2人は新メニューを完成させる。

 放送終了後、SNS上には、高畑について、「調整者としての執念がすごい人の役がうまいと思う」「高畑充希ちゃんは外れなしだわ。 かわいいし、面白いし、演技うまいし」「社長として努力する姿がよかった」といった感想が上がった。

 また、「俳優 志尊淳くんの新しい姿を見れた気がしました」「ツンな突っ込みでさえもキュンでした」「大牙くんがツンからデレに変わるのを期待しています」など志尊への反響も多く集まった。

「ムチャブリ!わたしが社長になるなんて」第1話 (C)日本テレビ