エンタメ

「妻、小学生になる。」涙腺崩壊のストーリーと”万理華”毎田暖乃の演技に反響 「しぐさや話し方や雰囲気を文句なく完コピしている」

「妻、小学生になる。」涙腺崩壊のストーリーと”万理華”毎田暖乃の演技に反響 「しぐさや話し方や雰囲気を文句なく完コピしている」 画像1

 堤真一が主演するドラマ「妻、小学生になる。」(TBS系)の1話が、21日に放送された。

 本作は、10年前に愛妻を亡くし、生きる意味を見失っていた新島圭介(堤)と、娘の麻衣(蒔田彩珠)のもとに、小学生の女の子として生まれ変わった妻の白石万理華(毎田暖乃)が現れる。 そんな妻(母)の姿に戸惑いながらも、2人が「生きること」に再び向き合おうとする姿を描くホームドラマ。(※以下、ネタバレあり)

 交通事故で妻の貴恵(石田ゆり子)を亡くした圭介は、妻のいない残りの人生を“余生”だと思って生きているため、周囲からは暗い男に見られていた。

 妻の死から10年を迎えたある日、圭介の家に小学生の万理華が「ただいま」と言って突然上がり込んでくる。

 「私は新島貴恵」と名乗った万理華は、散らかった部屋の様子を注意し、食生活や身なりなどに駄目出しをして帰ってしまい、圭介と娘の麻衣はあぜんとする。

 その後も、圭介と麻衣の前に現れては、貴恵のような話しぶりで説教をする万理華に2人は困惑していた。

 さらに、台所で料理をする万理華を見た麻衣は「ママの物に触らないで」と怒って家を出ていってしまう。

 放送終了後、SNS上には、「第1話から号泣! 毎週が楽しみや」「コメディーかと思っていたら、途中涙腺が崩壊してしまった」「プロポーズをした場所とか、2人や家族にしか分からないことを言い出すところから一気に涙腺が…」などのコメントが集まった。

 また、万理華を演じた子役の毎田については、「演技力の高さに驚き過ぎてしばらく放心状態だった」「芝居に説得力があり過ぎてこのあり得ない設定に納得してしまった」「口調、たたずまい、表情、触れ方、全てが貴恵さんだった」「しぐさや話し方や雰囲気を文句なく完コピしている」などのコメントがあふれた。

「妻、小学生になる。」1話の場面写真(C)TBS