エンタメ

「逃亡医F」犯人は脳外科医の“長谷川”桐山照史? 「何か重要な鍵を握っていそう」「犯人だったら震える」

「逃亡医F」犯人は脳外科医の“長谷川”桐山照史? 「何か重要な鍵を握っていそう」「犯人だったら震える」 画像1

 成田凌が主演するドラマ「逃亡医F」(日本テレビ系)の第2話が、22日に放送された。

 本作は、恋人殺しのぬれ衣を着せられ、指名手配犯へと転落した天才脳外科医の藤木圭介(成田)が、真犯人を突き止め、復讐(ふくしゅう)するために逃亡を図る物語。(※以下、ネタバレあり)

 逃亡中の雪山で滑落した藤木は、地元の少年・健太(白髭善)に発見され、山麓の喫茶店店主・香川(升毅)の車で病院に運ばれる。

 藤木は身元が分かることを恐れて診察を拒むが、そこへ藤木が大けがから命を救った海洋観測士の美香子(森七菜)が現れる。

 2人が駆け落ちしたと早とちりした香川は、喫茶店の2階を仮住まいとして提供する。そんな中、藤木は、香川の店に荷物を預けている登山客の中に、亡き恋人・妙子(桜庭ななみ)の共同研究者・都波(酒向芳)の名前を発見する。

 妙子は殺される直前、藤木に、自分に何かあったら都波教授に会うようにと言い残しており、事件の鍵を握る人物だった。

 一方、香川の喫茶店に、健太の父・松田(林泰文)が、勤務先のテレビ局のアナウンサー・島崎(馬場ふみか)と共に訪れる。店を手伝う藤木の正体が指名手配犯であることに気付いた松田と島崎は、スクープ映像を撮ろうと画策する。

 正体を気付かれた藤木は美香子と共に喫茶店を去り、都波を探しに向かうが、その途中、雪中で倒れている健太を発見。健太の命を救うため、藤木は緊急手術を決行する。

 放送終了後、SNS上には、「成田凌がカッコ良過ぎる。森七菜ちゃんも自然な感じでかわいい」「藤木先生のもえポイントが多過ぎ。ストーリーも面白い」「奥田民生の主題歌もいい」といった感想が投稿された。

 また、帝都医科大学に勤める脳外科医・長谷川輝彦(桐山照史)について、「表情が怪しい。犯人って桐山くんなのかな」「桐山くんは黒幕で、何か重要な鍵を握っていそう」「優しい長谷川先生が偽善者で、実は犯人だったら震える」などの意見が投稿された。

第2話のワンシーン (C)日本テレビ