エンタメ

「真犯人フラグ」“陽香”生駒里奈の電話の相手は誰? 「8文字の人物は“一星”佐野勇斗か“望月”坂東龍汰か」

「真犯人フラグ」“陽香”生駒里奈の電話の相手は誰? 「8文字の人物は“一星”佐野勇斗か“望月”坂東龍汰か」 画像1

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第13話が、23日に放送された。

 本作は、家族が失踪してしまったサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目を向けられ、追い詰められていく姿を描く考察ミステリー。(※以下、ネタバレあり)

 亀田運輸のクレーマー・バタコ(香里奈)にふぐの毒を混入した茶を飲まされた凌介は、意識不明の重体に陥るが、救命措置がなされ、九死に一生を得る。

 刑事の阿久津(渋川清彦)らは、凌介の息子・篤斗(小林優仁)の失踪に関与している宗教団体「かがやきの世界」を訪れ、捜査する。

 その後、捜査を進める阿久津らがバタコの家に踏み込むと、ふぐの残骸や子ども服、血が大量に付いた金属バットなどが発見され、鑑定の結果、篤斗を誘拐し、冷凍遺体と篤斗が入れられていた箱を郵送した人物はバタコとされた。

 そんな中、凌介のもとに公衆電話から電話が掛かってくる。電話に出ると妻の真帆(宮沢りえ)の声が聞こえ、真帆は切羽詰まった様子で、娘の光莉(原菜乃華)について何かを言いかけた途端、電話は切れてしまう。

 すぐさま警察が調べると、真帆の電話は、凌介の新居付近の公衆電話から掛けられていたことが判明。凌介が駆け付けると、すでに阿久津らが到着していて、そこには誰もいなかったという。

 ちょうどその頃、新居の中では、光莉を監禁している葬儀屋の陽香(生駒里奈)が、バケツで大量の血をぶちまけていた。凌介が、何かに引き寄せられるように新居に向かうと、家の中には陽香ではなく、しゃがみ込む真帆の姿があった。

 放送終了後、SNSには、「真帆が帰ってきた! と思ったけれど、もしかして凌介の幻覚?」「陽香がぶちまけたのは光莉の血? 公衆電話の犯人は陽香で、新居の血と履いていた靴の足跡を発見させたいだけだと思う」といった感想が寄せられた。

 また、「凌介の夢の映像は、犯人のヒントになっているのかな。光莉だけが出てこないのはなぜ?」「陽香がタメ語で電話していた相手の表示は、絵文字が8個だった。8文字の名前の候補は、橘一星(佐野勇斗)か望月鼓太朗(坂東龍汰)の2人だ」といった推測も投稿された。

第13話のワンシーン (C)日本テレビ