エンタメ

小松菜奈『余命10年』ジャパンプレミアで涙 役を演じ切った後は「抜け殻状態。燃え尽きた」

小松菜奈『余命10年』ジャパンプレミアで涙 役を演じ切った後は「抜け殻状態。燃え尽きた」 画像1

 映画『余命10年』ジャパンプレミアが24日、東京都内で行われ、出演者の小松菜奈、坂口健太郎、山田裕貴、奈緒、黒木華、原日出子、松重豊と藤井道人監督が登壇した。

 本作は、故・小坂流加さんの同名小説を映画化。数万人に一人という不治の病で、余命が10年であることを知った20歳の茉莉(小松)は生きることに執着しないよう、恋だけは決してしないと心に決めていたが、地元の同窓会で和人(坂口)と出会い、互いに強く引かれ合う。難病を患っていた小坂さんは、小説の文庫化を待たずして無くなっている。

 撮影は約1年をかけて行われた。小松は「この企画の話を頂いてから、本当にいろんな物語があって…」と語り始めたところで、感極まって目に涙を浮かべた。

 続けて、「こうして完成できたこと、今ここに立っていることを本当にうれしく思います。映画『余命10年』がこれからたくさんの人に届くよう、心から願っています。この日を迎えられてとても幸せです」と涙で声を詰まらせながらあいさつした。

 また、余命を宣告される役とあり、減量して撮影に臨んだという小松。役を演じ終えた後は、「抜け殻状態だったというか、燃え尽きたな…という気持ちが大きくて、すぐに次の仕事に進めないぐらい、不思議な時間でした」と明かした。

 小松は「自分の人生と役の人生の両方が重なった。二つの人生を歩み続ける、そんな役は今までになかったので…。すごく大好きな現場だったし、皆さんと一緒に作品を作れたことは、かけがえのない宝物になりました」と振り返った。

 小松とW主演した坂口も「撮影しているときはすごく宝物のような時間でした。本当に生き切ったなと。完成したものを見ても、自分でもここまで感情があふれることがあるんだなと、ちょっと驚きました。本当に愛にあふれた作品になったと思います」とアピールした。

 映画は3月4日から公開。