エンタメ

福士蒼汰&宮野真守、念願の初共演に笑顔 宮野「こんないたずらっ子はいない」

福士蒼汰&宮野真守、念願の初共演に笑顔 宮野「こんないたずらっ子はいない」 画像1

 2022年劇団☆新感線 42周年興行・春公演 いのうえ歌舞伎「神州無頼街」制作発表会見が25日、オンラインで行われ、出演者の福士蒼汰、松雪泰子、高嶋政宏、宮野真守ほかが出席した。

 本作は、幕末の駿河国を舞台に、福士演じる町医者・秋津永流(あきつ・ながる)と、宮野演じるお調子者の口出し屋、草臥(そうが)がバディを組み、松雪と高嶋演じる、謎に満ちた身堂夫婦に立ち向かう姿を描く。

 おととし、コロナ禍で公演がかなわなかった舞台が満を持しての上演となる。福士は「2020年の公演は、最初『中止』ということで悔しい思いもあったけど、皆さんの声で『延期』になった。今回、こうしてほぼ同じ面々で集まることができてとてもうれしいです」と笑顔であいさつした。

 福士は、宮野と初共演できることが「一番うれしい」といい、会見中も「マモちゃん」と愛称で呼ぶなど、仲の良いところを見せた。

 宮野も「念願の福士くんとの初共演になります」と喜び、「福士くんは、テレビではおとなしくしているけど、本当にこんないたずらっ子はいないというぐらい、ちょっかいを出してくる。ずっと棒で僕をつついてきますから」とエピソードを明かした。

 宮野の好きなところを聞かれた福士は「包容力があって優しいところ。何をやっても許してくれる。でも、裏にある闇の部分も好きです」と回答。宮野から学びたいこととして、「顔芸。あとは歌がとにかく上手なので、そこを勉強したい」と語った。

 そんな2人の様子に、松雪は「愛し合っているんですね。すてきです」と目を細め、高嶋も「福士さんがそんな人だとは。今もスーツの下に信じられないような格好をしていたりして」と笑わせた。

 舞台は、3月17日~29日、大阪・オリックス劇場を皮切りに、静岡、東京で上演。