エンタメ

松下洸平、劇場版アニメで声優初挑戦 「僕のありのままの声では、ちょっと物足りない部分があった」

松下洸平、劇場版アニメで声優初挑戦 「僕のありのままの声では、ちょっと物足りない部分があった」 画像1

 劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』完成披露試写会が25日、東京都内で行われ、声優を務めた竹達彩奈、丹生明里(日向坂46)、濱田岳、イッセー尾形、松下洸平ほかが登壇した。

 本作は、人気音楽リズムゲーム「DEEMO」をアニメ映画化。ピアノを弾く謎の生き物・Deemoの前に、ある日空から女の子が降ってきて…という物語が展開する。

 ゲームに引き続き、主人公アリスの声を演じた竹達は「まさか劇場版になるとは。夢みたいなことが現実に起きて、ゲームがまた違った新たな世界となりました。スタッフさんはじめ、キャスト一同が愛を込めた作った作品です」とアピールした。

 天才ピアニストのハンスを演じた松下は、声優初挑戦。アフレコに当たっては、「僕のありのままの声では、ちょっと物足りない部分があった」という。

 松下は「どう色を付けていくか、『Deemo』の世界観の中にちゃんと成立する声を作るにはどうしたらいいのかなど、実際に声を当てながら、監督と、言い方や強弱について一言一言、相談しながらやらせてもらいました。非常に楽しかったし、とても貴重な経験になりました」と笑顔で振り返った。

 猫の縫いぐるみ・ミライを演じた濱田は「縫いぐるみの悲哀。そんなこと、生まれてからこのかた考えたことがなかったですから。声一つで縫いぐるみの個性、気持ちを表現するというのは、声優さんの仕事って本当に奥が深いなと勉強になりました」としみじみ語った。

 くるみ割り人形を演じた尾形も「役に感情移入するために24時間向き合いました。こういうのは頭で考えちゃ駄目。(せりふも)脳を通さないで脊髄を通すんです」と笑わせながら、「全力でやったことは、声に出ているはず」と胸を張った。

 映画は2月25日から公開。