エンタメ

「#徳島ニューノーマル映画祭2022」が開幕 「徳島ゆかりのクリエイター」にフィーチャー

「#徳島ニューノーマル映画祭2022」が開幕 「徳島ゆかりのクリエイター」にフィーチャー 画像1

 徳島県は、「#徳島ニューノーマル映画祭2022」を、3月5日(土)と6日(日)の午前11時~午後8時30分に、徳島県文化の森総合公園(徳島県徳島市)、およびオンライン(https://www.tiff-newnormal.com/)で同時開催する。

 今年は、TikTokと徳島県の連携により県内で製作した縦長の新作短編映画で、TikTokで人気“純悪”の山根和馬が出演する『TUNNEL VISION』(※長竹寿人監督、出演・宮下咲)、TikTok映画祭受賞作品(浜辺美波主演作)などを約5メートルの縦長スクリーン、TikTok LIVE(https://www.tiktok.com/@tokushima_newnormal)で上映する。

 その他、吉本興業と玉野市のコラボレーションによって製作された『たまの映像詩集 渚のバイセコー』(※蔦哲一朗監督、出演・尼神インター渚、ゆりやんレトリィバァ、空気階段、※園都)、MOOSIC LAB2019 グランプリ『眠る虫』(金子由里奈監督、主演・※松浦りょう)、本広克行企画『アクトレスモンタージュ』(水口紋蔵監督、主演・※花岡咲)、『人形師天狗久 藍が育てた徳島の藝能』(※栂岡圭太郎監督、主演・麿赤兒)、「あわうた」(※長岡マイル監督)、映画プロデューサーの大西美枝セレクションなど、徳島県ゆかりの映画作品を上映。

 さらに、札幌国際短編映画祭セレクション、ndjc:若手映画作家育成プロジェクト『少年と戦車』(竹中貞人監督)、『遠くへいきたいわ』(団塚唯我監督)、『LONG-TERM COFFEE BREAK』(藤田直哉監督)、『なっちゃんの家族』(※道本咲希監督)などを上映する。(※は徳島県ゆかりの人々)。

 出演者などのゲストも参加予定で、5日夜には文化の森総合公園から花火を打ち上げる。

 「映画をつくるための映画祭」として、全国的にも珍しい地域映画の祭典としてスタートした「徳島国際映画祭」。コロナ禍を経て、昨年から、オンラインとオフラインを合わせた開催となる「#徳島ニューノーマル映画祭」として新しいスタートを切った。

 今年のテーマは「原点回帰」。「映画をつくるための映画祭」の原点に立ち返り、WITHコロナの中でも、映画への情熱を失うことなく映画製作を続けた「徳島ゆかりのクリエイター」にフ焦点を当て、新しく生まれた映画の数々を届ける。

日時=2022年3月5日(土)、6日(日)午前11時~午後8時30分
会場=徳島県文化の森総合公園(徳島県徳島市)
主催=徳島県
https://www.tiff-newnormal.com/