エンタメ

三宅健「僕に嫌な思いを寄せてくる人をはらいたい」 林翔太「健くんの素の美しさにドキドキしている」

三宅健「僕に嫌な思いを寄せてくる人をはらいたい」 林翔太「健くんの素の美しさにドキドキしている」 画像1

 舞台「陰陽師 生成り姫」のフォトコールおよび初日前会見が22日、東京都内で行われ、出演者の三宅健、音月桂、林翔太、木場勝己が登場した。

 本作は、夢枕獏氏の同名小説が原作。陰陽寮の陰陽師をなりわいとする安倍晴明(三宅)と、唯一無二の友である源博雅(林)との友情や、徳子姫(音月)と博雅との切ない恋を描く。

 三宅は「今までにない人間味があふれる安倍晴明になっていたら、うれしいなと思います。お芝居が上演されている間は、嫌なことを全て忘れて、平安の世に皆さまをいざなえるように準備していますので、ぜひお越しください」とアピールした。

 「芝居をしていて大変なことは?」と聞かれると、「かつらが重くて、肩が凝ります。これ(衣装)を年がら年中、着ている歌舞伎役者の方は素晴らしいなと、尊敬しかないです」と吐露。

 「今の世の中で、おはらいしたいものは?」との問いには、「僕に嫌な思いを寄せてくる人たちですかね。嫌悪感とか、イラッとしている人があまり好きじゃないので、そういう人は寄せつけないようにしたい。穏やかな日々を過ごしたいと思っているので」と話して笑いを誘った。

 V6に憧れてジャニーズ事務所に入ったという林は、三宅と稽古を重ねた日々について、「本当に幸せな日々を過ごさせてもらいました。思い入れのある新橋演舞場で、健くんとまた一緒にステージに立てるのは、僕にとっては奇跡のような出来事です」と笑顔でコメント。

 三宅が演じる安倍晴明の印象については、「健くんの素の美しさが晴明に合っていて、毎回ドキドキしながらやらせてもらっています」と声を弾ませた。

 舞台は、3月12日まで都内・新橋演舞場、3月18日~24日に京都・南座で上演。

(左から)林翔太、音月桂、三宅健、木場勝己 (C)エンタメOVO